第7回学術大会プログラム

大会情報

【日時】 2009年12月5日(土)~12月6日(日)
【場所】 神奈川大学(横浜市神奈川区六角橋3-27-1)

大会スケジュール

12月5日(土)
13:30‐17:00
シンポジウムⅠ
テーマ 家族法改正 ― ジェンダーの視点から
(企画責任者・二宮周平・立命館大学)
司会 小島妙子(弁護士)、松本克美(立命館大学)
パネリスト (1) 「家族法改正で問われていること」
吉田克己(北海道大学)
(2) 「婚姻の自由とジェンダー」
立石直子(岐阜大学)
(3) 「離婚の自由とジェンダー」
道あゆみ(早稲田大学、弁護士)
(4) 「婚外子の平等化とジェンダー」
二宮周平(立命館大学)
(5) 家族の新しい可能性に向けて
岡野八代(立命館大学)
12月6日(日)
9:00‐10:50
個別報告
分科会1 ①「ジェンダーに基づく犯罪の捜査・訴追と被害者の権利―国際刑事裁判所における展開」
ステファニー・クープ(青山学院大学法学研究科博士後期課程)
②「マイノリティ女性に対する複合差別と国際人権法」
元 百合子(大阪女学院大学准教授)
分科会2 ①「人間の尊厳としてのジェンダー ―ハンナ・アーレントのcompassion批判を基に―」
長谷川 陽子(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)
②「ジェンダーに関する法曹継続教育の国際比較―司法教育を中心に―」
南野佳代(京都女子大学准教授)
11:00‐12:00
特別講演
「平等社会の実現に向けて ―自己決定、差別廃止と両性平等へ向けての35年」
山田卓生(日本大学)
12:10‐13:00  第7回総会
13:00‐14:00  昼食休憩
14:00‐17:30
シンポジウムⅡ
テーマ 「社会保障法とジェンダー」
(企画責任者・神尾真知子・日本大学)
司会 武田万里子(津田塾大)、神尾真知子(日本大学)
パネリスト (1)「趣旨説明」
神尾真知子(日本大学)
(2)「社会保障における遺族」
榊原富士子(早稲田大学、弁護士)
(3)「児童扶養手当とジェンダー‐母子家庭と父子家庭」
増田幸弘(日本女子大学)
(4)「社会保険における被扶養者」
本澤巳代子(筑波大学)
(5)「憲法から見た社会保障法」
若尾典子(仏教大学)

プレ企画

【プレ企画1】
日時:12月4日(金)18:30-20:30
場所:文京学院大学本郷キャンパスB館811会議室
「女性差別撤廃条約の30年と日本の課題(仮題)」
(企画責任者・山下泰子・文京学院大学)
【プレ企画2】
日時:12月5日(土)10:00-12:00
場所:神奈川大学(横浜市)
「生活保障システムとジェンダー(仮)」大沢真理(東京大学)
(企画責任者・広渡清吾・専修大学/小島妙子・弁護士)

掲載レジュメについて
掲載されているレジュメの無断転用・引用・悪用を禁止します。掲載されているレジュメの著作権は報告者であるレジュメ作成者に帰属します。