mini News 2004

小島妙子・水谷英夫『ジェンダーと法Ⅰ――DV・セクハラ・ストーカー』

  • 信社・2004年11月刊・3000円

東北大学21世紀COE 国際シンポジュウム

  • ジェンダー法学・政治学の比較的展望』(冊子)
  • 問合せ先:東北大学法学研究科COE支援室
  • FAX022-217-6249

笹沼朋子
『女性解放の人権宣言――愛媛県男女共同参画推進条例批判』

  • 創風社出版・2004年10月刊・1600円+税

浅倉むつ子著
『労働法とジェンダー』

  • 勁草書房・2004年9月刊・3500円+税

山下泰子・植野妙実子編
『フェミニズム国際法学の構築』

  • 中央大学出版部・2004年6月刊 5500円

東北大学21世紀COEプログラム

第4回早稲田大学ジェンダー研究所シンポジウム
「ジェンダーと暴力」

  • 2004年11月13日(土)早稲田大学戸塚キャンパス(入場無料)をお知らせしました。
    *シンポジストとテーマ
    ・鈴木隆文(弁護士)
    「ドメスティック・バイオレンスーー司法の現場から」
    ・平川和子(フェミニスト・セラピスト)
    「危機カウンセリングという経験から学ぶ」

日本学術会議・21世紀の社会とジェンダー研究連絡委員会 主催

  • シンポジウム「法学・政治学とジェンダー-ジェンダー法学・政治学の可能性-」
    2004年9月27日(月)に日本学術会議2階大会議室(入場無料)をお知らせしました。

浅倉むつ子
「ジェンダー法学の現状と課題」

  • 『世界の労働』54卷3号(2004年3月)
    <目次>
    第2波フェミニズム/フェミニズムと学問――女性の視座をつくる/ジェンダー法学の確立をめざして

浅倉むつ子・林陽子
「法科大学院におけるジェンダー法教育」

  • 『ジュリスト』2004年4月15日号
  • <目次>
    なぜ「法学」に「ジェンダーの視座」は浸透しにくいか/司法におけるジェンダー・バイアス批判/ジェンダー法教育