mini News 2007

 

浅倉むつ子・角田由紀子編『比較判例ジェンダー法』

  • 不磨書房・2007年11月・3200円(税込)

日本学術会議主催公開講演会「人口とジェンダー:少子化対策は可能か」

二宮周平『家族と法―個人化と多様化の中で』

  • 岩波新書・2007年10月・819円(税込)

第7回早稲田大学ジェンダー研究所 主催シンポジウム

  • ジェンダーの視点から問う「少子化問題」
    日時:2007年11月17日(土)午後1時30分(午後1時開場)~午後5時
    場所:早稲田大学8号館B107教室
    (西早稲田キャンパス南門を入って左手)
    一般来聴歓迎・入場無料
    お問い合わせ先:小林(TEL:03-5286-1536)
    早稲田大学ジェンダー研究所HP

    【パネリスト】
    山崎 浩志(日本経済新聞東京本社経済部次長)
    少子化の先、日本の近未来 ― 調査報道から見えてきたこと
    若杉 なおみ(早稲田大学大学院政治学研究科教授)
    リプロダクティブヘルス&ライツは、なぜ必要だったのか?
    ― ジェンダー・性・生殖・人口
    加藤 慶(目白大学短期大学部専任講師)
    少子化政策“正しい家族像”
    ― 性的マイノリティの“家族”問題を軸として
    神尾 真知子(日本大学法学部教授)
    家族政策の“わな”― フランスは日本の少子化対策のモデルたりうるのか?
    【コーディネーター】
    橋本 育(はしもと いく)
    御茶の水書房編集者、早稲田大学ジェンダー研究所客員研究員
    木村 晶子(きむら あきこ)
    早稲田大学社会科学総合学術院教授、早稲田大学ジェンダー研究所研究員

吉川真美子『ドメスティック・バイオレンスとジェンダー~適正手続と被害者保護』

  • 世織書房・2007年7月・2940円(税込)
  • 谷口真由美『リプロダクティブ・ライツとリプロダクティブ・ヘルス』
    信山社・2007年5月・6300円(税込)

戸塚悦朗『ILOとジェンダー―性差別のない社会へ』

  • 日本評論社・2006年3月・2940円(税込)

中野麻美『労働ダンピング~雇用の多様化の果てに』

  • 岩波新書・2006年10月・810円(税込)

金城清子『ジェンダーの法律学(第2版)』

  • 有斐閣アルマ・2007年4月・1890円(税込)