Print Friendly, PDF & Email

入会について

入会希望の方は,入会手続きを確認の上,入会申込書に記入し入会申込書を事務局に送付してください。直近の理事会で入会の審査を行います。入会が承認された場合には,事務局からその通知と会費の支払い手続きを通知します。入会申込書は,本ホームページからダウンロードできます。

Ⅰ 入会資格

(1)ジェンダーと法に関する研究または実務に携わる者
  • 例)大学の教員(非常勤を含む),大学院生,弁護士,司法書士,税理士,公証人,家裁調査官,家事調停委員,自治体職員や民間企業でジェンダーに関わる職務・業務を行っている者,高校の教員で研究業績がある者など。
  • なおこの例は,これまで入会が承認された事例です。必要に応じて資格については,理事会で判断しますので,この例に該当しない場合でも,ジェンダーと法に関する研究または実務に携わっていると認められれば,入会できます。
  • 会費を支払って本学会を財政的に支えること
(2)会員2名以上の推薦
  • 誰が会員か不明で推薦が得られにくい場合には,事務局にお問い合わせ下さい。

(3)必要に応じて研究発表,報告をしていただくことが義務として発生します

  • こうした見地から,当面は,学部学生の入会は承認しません。
  • 単に関心があるという段階であれば,学会を聴講して下さい

Ⅱ 入会申込書       ダウンロード ジェンダー法学会入会申込書 (PDF) ジェンダー法学会入会申込書 (ワード)